Page: 1/14   >>
のし紙と包装紙の関係〜内のしと外のし〜

鈴木法衣店様から年に3回くらい?カタログが送られてきます。もちろん寺院向けの法衣や御袈裟などに関する販促カタログなのですが、「さすが!」と思う内容の記事・コラムが時々あります。名刹&活躍されている寺院住職様の紹介や、数年前には寺報(お寺だより)の作成方法の連載なんかもありましたね。
さて、鈴木法衣店様の『すずきの記念品カタログ創刊号』(平成27年2月発行)に「贈答と包装」についてのコラムが掲載されています。
当ブログをお読みの方も、年に何回かは必ず包装・ラッピング、そして熨斗(のし)をつけられる機会があると思いますので、参考になればと思い、転載させていただきます。

 

外のし・内のし

 

◆さまざまな節目に想いを込めて…
引き物(引き出物)の歴史はとても古く、平安時代にまでさかのぼります。
当時の貴族や権力者たちが、結婚式や祝いの席で、招待した客人へのお礼として馬を贈っていたことが、現在の引き出物の起源になっていると言われています。
鎌倉時代になると武具や砂金を、江戸時代になると、鰹節や鯛を贈るようになります。時代の流れに寄り添うように、贈り物の中身も変わってきたのです。
明治時代になると、既に貴族や武家の間で広まっていた「御中元」「御歳暮」の習慣が、一般人にも広く浸透していきます。
贈り物は、「日頃の感謝の気持ちを伝える、大切な習慣」として、広く定着し、贈り物の文化を形成していきました。

 

◆のし紙と包装紙の関係〜内のしと外のし〜
贈答品に欠かせない「のし紙」と「包装紙」の関係において、先に包装紙で包んだ上からのし紙を掛ける『外のし』[図1]と、先にのし紙を掛けた上から包装紙で包む『内のし』[図2]との二方式があり、どちらが正しい包み方なのかの考え方が分かれるところです。
日本では古来より神事において神饌(しんせん・神様の食べ物を供える際の儀礼作法)として発祥した「包み作法」が、和紙で包み束ねて水引で結びとめた形状(現在ののし紙の原型)に、いわゆる包装紙とのし紙を兼ねた様式であったことから長きにわたり用いられてきました。
大正時代の頃には1枚の紙に印刷された現在ののし紙が出現する一方で、包装紙で美的に包んで贈り物をするというラッピングの習慣が欧米文化の一端として伝わり、根付いてきたという歴史的な経緯があります。
包装紙は美的感覚を備えているものとはいえ、贈答品本体の保護を本来の目的としているのに対して、のし紙は儀礼作法に基づいた冠婚葬祭の名儀式において慶弔の儀礼を表すことを本来の目的としていることから、基本的には贈答品本体(または外装箱)を包装紙で包んだ後にのし紙を上から掛けるという方式(外のし)が本来の正しい形と言えるのではないでしょうか。

 

いかがですか?。商品を購入し、包装の際、店員さんから「内のしにしますか?外のしにしますか?」と一度は聞かれたことがあると思います。このコラムを見るまでは、その時の気分?で決めていましたが(笑&汗)、このコラムを知ってからは、できるだけ「外のし」にするようになりました。
 

| 真之丞 | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
縁起物の言葉の意味

近所(富屋町商店街)にある「熨斗紙や祝儀袋の専門店」の『伊豫飾り』さんのガラスに掲示されていたものです。ネットを調べながら私なりに解釈をしてみました。

 

縁起物の言葉の意味

 

◆鳳凰−幸運
鳳凰は、結婚の幸せをあらわす風水のシンボルとしてよく龍と対で描かれます。鳳凰単体では陽、龍と対になるとバランスの関係で陰になります。鳳凰は成長、利益、そして素晴らしい幸福な状態をあらわします。鳳凰は羽のある伝説上の生物で、強い精力、たくさんの子宝に恵まれ、変化に成功することをあらわし、飛び立つ姿は上昇し成功することを意味します。

 

◆宝船−金運
お正月によく目にする宝船は笑顔の七福神に山積みの鯛や金銀財宝。縁起物の宝船の由来にはいくつか説がありますが、もとは清き水に穢れを乗せて流すという考え方にあるとか。悪いものを流してくれる大切な水が、金銀財宝を運んできてほしいという願いから宝船の原型が作られたと考えられています。

 

◆鶴−長寿
「譴論蘿、亀は万年」といいます。鶴と亀は寿命が長い代表的生き物で、めでたいものとされていることから、縁起の良い賀寿などの際に使われます。 実際の寿命は、鶴がタンチョウヅルで20〜30年、亀はゾウガメで100〜200年といわれています。

 

◆亀−長寿
「譴論蘿、亀は万年」といいます。鶴と亀は寿命が長い代表的生き物で、めでたいものとされていることから、縁起の良い賀寿などの際に使われます。 実際の寿命は、鶴がタンチョウヅルで20〜30年、亀はゾウガメで100〜200年といわれています。

 

◆薔薇−富貴
バラの花は色によってその花言葉は違いますが、日本では赤いバラは"あなたを愛します"、"熱烈な恋"といったような花言葉があり、白いバラは"無邪気"、"私はあなたにふさわしい"といった意味があります。まさしくバラは富裕と高貴の象徴たる華やかなお花です。

 

◆牡丹−良縁
良縁・縁結び・魅力を高め、良縁を導きたい方に古くから魔除けの効果があるといわれます。原産地の中国では、その姿から「百花の王」とも呼ばれて、国花にも選ばれています。そんな牡丹の優雅な姿に由来して「王者の風格、富貴、高貴」の花言葉が付けられています。

 

◆菖蒲−魔除
菖蒲は昔から病邪を払う薬草だと考えられていました。中国の書物『荊楚歳時記』(けいそさいじき、6世紀に梁の宗懍が著した中国最古の年中行事記)にも、古くから中国の人々が長寿や健康を願って菖蒲を用いていたと記されています。端午の日には、菖蒲酒、菖蒲湯、菖蒲刀など、菖蒲を用いる習俗が多くあります。

| 真之丞 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
七猿の歌
去る9/6は会議で比叡山麓の坂本出張でした。湖西線比叡山坂本駅から歩いて行くことが多いですが、坂本地区は穴太衆が積んだ「石積みの里坊」としても有名です。
日吉馬場から滋賀院門跡や天台宗務庁へ曲がるところに「見聞くこと いはでもかなはざるものを 浮世の中に交る習は」という石碑があります(=写真)。ネット探索して出典がようやくわかりました。元三大師(慈恵大師)良源の「七猿の歌」の一つです。ちなみに良源は(912〜985)第18世天台座主で霊験強く、比叡山中興の祖といわれる高僧です。
見聞くこと いはでもかなはざるものを 浮世の中に交る習は
◎三猿
http://yamabiko.ciao.jp/30_kotoba/2005_02/518_sanen.html
で、「七猿の歌」ついて、山田恵諦著『元三大師』の本に解説されていますので、これに従って紹介します。
(1)独り書して交わらざるを愈(まさ)るとする
○つらつらと うき世の中を思うには まじらざるこそ まさるなりけれ
(2)世に処する視聴(みきき)かつ言(ことば)なきを得ざるを歎ず
○見聞かでも いわでもかなはざるものを うき世の中にまじるならいは
(3)世を厭わざるを悔ゆ
○つれもなく いとはざるこそうかりけれ 定めなき世を夢とみながら
(4)視ざるを愈(まさ)るとなす
○何事も 見ればこそげにむつかしや 見ざるにまさる ことはあらじな
(5)聴かざるを愈(まさ)るとなす
○きけばこそ 望もおこれ、はらもたて きかざるぞげに まさるなりけれ
(6)言わざるを愈(まさ)るとなす
○こころには なにわのことを思ふとも 人のあしきは いはざるぞよき
(7)思わざるを愈(まさ)るとなす
○見ず、聞かず いはざる三つのさるよりも 思わざるこそ まさるなりけれ
七猿歌とは、日吉山王権現の使いである猿と、山王七社に因んで、「さる」という言葉を詠み込んでつくられた七種の歌の処世訓です。
庚申さんに供えてある「みざる」「きかざる」「いわざる」の三猿は、元三大師のこの歌から出ているということです。
(1)まず志を立てるのは独りをよしとする。(2)世間と共に移り変わる。(3)世の厭うべきを覚る。(4)(5)色・声を空しくする。(6)他人の好悪長短を説かず。(7)一切の善悪すべて思量することなかれ。
この歌の真意をさとることができれば、それは仏様のさとりあると、安楽律院の光謙比丘がおっしゃているとのことです。
| 真之丞 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
寿老人心得五か条
親戚のAさんは時々妙法寺にお越し下さいます。
先日、バスツアーで「淡路七福神」へ行かれたとのことでした。ご夫婦おしどりで巡礼やツアーによく出かけていらっしゃいますし、毎月K寺のお護摩にも随喜されています。
で、Aさんから「淡路島七福神巡り・宝生寺」の「寿老人人生訓」をいただきました。宝生寺は淡路市里にあるお寺です。
この人生訓は、「寿老人心得五か条」「長寿五訓」「ぼけないための五ヶ条」「気はながく…の句」の4枚セットで入れ替え表示ができます。良いアイディアですね〜。
このうち今回は、『寿老人心得五か条』を紹介します(=写真)。
寿老人は、中国の道教が起源の神で長寿の福神である。余談ですが、妙法寺は与謝蕪村画「寿老人の図」を所蔵しています。
『寿老人心得五か条』
一、人と仲良くつきあって いつもニコニコすこやかに
二、不平不満は言わないように 感謝の気持ちを忘れずに
三、余計なことはしゃべらぬように つい一言がにくまれる
四、無理をいうまい無理するな 時代の流れをよく見て暮らせ
五、遠いようでもいつかは「時」が 悔いを残さぬ人生に
皆さん、この五か条を心に留めて、長生きいたしましょうw。
私もいつか「淡路島七福神」をお参りしたいな〜と思います。
寿老人心得五か条
| 真之丞 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
極楽・地獄の岐れ路

極楽・地獄の岐れ路

 

以前も一度紹介した『極楽・地獄の岐れ路』を再掲します。

心に留め置きたいものですね。写真は某集会所のものです。

 

◆幸福への近道
01.早起きする人、熟睡できる人
02.感謝して真剣に努力する人
03.仕事を趣味に能率を計る人
04.義務も責任も進んで果たす人
05.時間を守る人、礼儀正しい人
06.頼もしい人、融和を計る人
07.人も自分をも尊敬できる人
08.常に反省し、素直に改める人
09.何事も善意に解釈する人
10.注意深い人、決断の速い人
11.心身の健康を心掛ける人
12.質素で金を活かして使う人
13.孝心深い人、恩に報いる人
14.親切で人の為によく尽くす人
15.良心と優しい愛情に満ちた人
16.恥を知る人、偽りのない人
17.信念に徹した人、辛抱強い人
18.どんな苦難も悠々耐える人
19.生き甲斐を求め、精進する人
20.夢と希望に笑顔で生きる人
◆不幸を自分で造る人
01.心の暗い人、不愉快に暮らす人
02.絶えず不満や愚痴の多い人
03.やる気がなく、よくさぼる人
04.無責任な人、法規を守らぬ人
05.時間も物も無駄にする人
06.陰口が多く、人の和を乱す人
07.卑下する人、自信なく焦る人
08.信仰心がなく、自我の強い人
09.神仏に無理な願いをする人
10.心が狭く、すぐ腹を立てる人
11.暴飲暴食と自分を粗末にする人
12.お金を浪費し、賭事をする人
13.悪友も道楽も多すぎる人
14.公徳心なく、迷惑を掛ける人
15.利己的気儘(きまま)、自分本位の人
16.迷いも取越苦労も多い人
17.欲の深い人、自惚(うぬぼ)れの強い人
18.依頼心の強い人、苦労に負ける人
19.義理より権利を主張する人
20.貴重な一生を無為に過ごす人

 

以上です。

| 真之丞 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生のかきくけこ
某うどん店に掲示されていた「人生のかきくけこ」。
大根はどなたかが描いたものです。

か:感謝。
き:緊張。
く:寛(くつろ)ぎ
け:謙虚。
こ:好奇心。

人生のかきくけこ
| 真之丞 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
箸のいけないマナー

9/13に丸亀歩き遍路交流会秋の一日ウォークの下見で徳島県三好市池田町の真言宗御室派別格本山箸蔵寺へ参拝しました。
箸蔵寺さんは寺名の箸にちなんで「お箸のうんちく」を小冊子にまとめられたり、ホームページで紹介されています。

○こんぴら奥の院 箸蔵寺
http://www.hashikura.or.jp/

お箸はたった2本の棒ですが、「はさむ」「切る」「すくう」「のせる」といった使い方ができる優れ物です。
また、他人に不快感を与えるような箸使いは昔から「嫌い箸」と呼ばれ、不作法な行為とされてきました。お箸のいけないマナーについて紹介します。

○迷い箸:あれにしようか、これにしようかと箸を宙に迷わせる。
○探り箸:汁物などを箸でかき混ぜて中身を探る。
○涙箸:箸の先から、ポタリポタリと汁を滴らせる。
○渡し箸:茶碗の上に、はしを渡すように置く。
○横箸:二本の箸をそろえて、スプーンのようにすくう。
○寄せ箸:箸を使って、自分の手元に器を引き寄せる。
○くわえ箸:箸を食膳の上に置かず、口に入れくわえる。
○刺し箸:フォークのように、箸で食べ物を突き刺して食べる。
○掻き箸:箸を使って、頭や身体をかく。
○せせり箸:箸をつまようじの代わりに使って、歯の間をそうじする。
○叩き箸:ご飯を頼むときやおかわりの時、茶碗を箸でたたいて催促する。
○持ち箸:箸を持った手で他の食器を持つ。
○二人箸:食器の上で二人一緒に同じ料理を挟む。
○そら箸:食べようとして箸をつけたけれども、食べずに引っ込める。
○立て箸:仏様のご飯のように茶碗のご飯に箸を立てる。

一緒に食事をする人に不快感を与えないように気をつけたいものですね。


真言宗御室派別格本山箸蔵寺本殿

| 真之丞 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
お香の十徳in English

「お香の十徳」について、以前に当ブログでご紹介しました。
http://blog.busondera.com/?day=20110224

この英語バージョンが京都・松榮堂さんのパンフに記載がありましたので紹介します。

Ko(Incense)
The Ten Virtues of Incense Burning

1) Incense burning opens the mind to divinity.
2) Incense burning cleanes th mind.
3) Incense burning divests the mind of worldly impurities.
4) Incense burning wakes up the mind.
5) Incense burning encourages the mind in solitude.
6) Incense burning affords the mind lesure when it is busy.
7) One cannot burn too much incense.
8) Yet, even a little incense is enough.
9) Age does not affect the efficacy of incense.
10) Habitual use of incense causes no harm.

上記のように1〜6にはすべて「mind」という単語が用いられているように、お香を焚くと心に作用するということがわかります。

【日本語】
1.感格鬼神:感は鬼神に格(いた)る〜感覚が鬼神のように鋭く研ぎ澄まされる
2.清浄心身:心身を清浄にす〜心と身を清く浄化する
3.能除汚穢:よく汚穢(おわい)を除く〜穢れを取り除く
4.能覚睡眠:よく睡眠を覚ます〜眠気を覚ます
5.静中成友:静中に友と成る〜孤独ではなく、まるで友人がいるような感覚をもたらす
6.塵裏偸間:塵裏に閑(ひま)をぬすむ〜多忙を極める時も心を和ませてくれる
7.多而不厭:多くして厭(いと)わず〜多くあっても邪魔にならない
8.寡而為足:少なくて足れりと為す〜少ない量で十分香りを放つ
9.久蔵不朽:久しく蔵(たくわ)えて朽ちず〜長い間保存しても朽ちることはない
10.常用無障:常に用いて障(さわり)無し〜常用しても無害である


お香の十徳in English


| 真之丞 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
お彼岸と六波羅蜜

 今日3/18は春のお彼岸の入りです。春(3月)と秋(9月)、お彼岸の中日をはさんで前後3日間、つまり一週間がお彼岸の期間です。ちなみに、ご先祖様を供養するためお墓参りに参る、先祖供養のため彼岸会法要を行うといったお彼岸の諸行事・慣習は日本独自の文化です。
当山も昨日に墓地献花を終え、お墓参りにお越しの檀家さんもいらっしゃいます。
彼岸とはサンスクリット語の波羅蜜多(パーラミター)を訳したもので、「向こう岸に渡る」という意味です。
彼の岸つまり向こう岸は涅槃即ち仏様の世界です。彼岸の対語は文字通り「此岸」で我々が生きている世界です。我々の大いなる煩悩や迷いを大河に喩えて、彼岸(さとりの世界)に至るので、このように言います。
お彼岸の中日は太陽が真東から昇って真西に沈みます。ご先祖様のおられる西方の極楽浄土に一直線に通じますし、太陽の沈む方角に手を合わせご先祖様を偲び感謝する期間となりました。また、阿弥陀如来の浄土教信仰と結びつき、私たちも西方極楽浄土へ往生したいという願いは「日願」という字を当てました。
で、仏教では、此岸から彼岸へ渡るために6つの修行徳目を説きます。これを『六波羅蜜』といいます。京都に六波羅蜜寺というお寺があったり、鎌倉時代の幕府の役職に六波羅探題があったり、六波羅蜜という言葉は耳にされたことがあるのではないでしょうか。
六波羅蜜とは、この世において私たちが仏様に近づくために実践するべき、六つの修行をいいます。

【1】布施:見返りを求めない応分の施しのことです。布施行は物だけではありません。席を譲る、優しい笑顔なども布施の一つです。別の言い方をすれば、自分にしてほしいことをすすんで人にするということでしょう。

【2】持戒:私たちは常日頃から自らを戒める事が大切です。法律、規則、道徳を守ることはもとより、「悪いことをしない、良いことをする」ということに尽きます。

【3】忍辱:不平不満を言わずにがまんする。単に堪え忍ぶということではなく、仏様の慈悲の心でもって、あるがままを認め、受け入れることに通じます。

【4】精進:努力して励むことです。我々の生命には限りがあります。貴重な時間を無駄にすることなく、日々、何事にも誠心誠意を尽くすことです。

【5】禅定:心静かに物事をみつめ、心を乱さないことです。不安な時は第三者の立場で自分自身を見つめる、そういった視点が大切です。

【6】智慧:私たちは仏性をもっていますので、貪りや怒り愚痴にとらわれることなく、仏様の智慧で真実の姿をみつめることです。その第一歩は「神様、仏様ならこうするだろう」と考える、そして行動する。そうすると諸事間違いがないと思います。

| 真之丞 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
つくづくと浮世の中を思ふには
つくづくと 浮世の中を 思ふには まじらざるこそ まさるなりけり

○つくづくと 浮世の中を 思ふには まじらざるこそ まさるなりけり
先日の会議出張へ向かうべく坂本地区を歩いていましたら、生源寺のある交差点に石碑街灯がありましたので紹介します。
元三慈恵大師(良源)の『七猿歌』の第1に、
一、独り処して交じらざるを愈(まさる)とする
 つらつらと うき世の中を思うには
  まじらざるこそまさるなりけれ
とあります。表記の石碑と原文は同様と思われます。
七猿歌は、権現の使いである猿に因んで、「さる」を詠み込んでつくられた七種の歌の処世訓です。
三井寺さんのホームページによりますと、「見ざる、聞かざる、言わざるの三猿歌と合わせた七猿歌は、天台教学の要諦、諸法実相、三諦円融を内蔵した御歌ではと思える。」
http://www.shiga-miidera.or.jp/doctrine/flores/126.htm
とあります。もちろん三猿は「見ざる、聞かざる、言わざる」のそれです。
これらは迷いや煩悩の元と関わらないという意味です。まずもって原因のことを思わないことが大切です。
ある意味消極的な対処法かもしれませんが、「交じわらない」というのは、あれこれ考えなくてすむ方法ですので、有効でしょう。
石碑では「つくづくと」となっていますが、これは石碑の制作者の実感を込めたのかもしれません?ね。

なお、『慈恵大師七猿歌』の画像は次のURLより引用。
『七猿歌』
http://www.cty-net.ne.jp/~masahiro/soku/hitorigoto/7/7.html

| 真之丞 | 13:25 | comments(2) | trackbacks(0) |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode